<   2014年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ミーティング

最近のミーティングがとてもよくなってきた。

昨年から始めた毎日ミーティングですが、
最初は、活気もなく、形式的なものでしたが
自由闊達に意見が出ているし、気をつかって言えないことでも
バンバン言ってるし、いい感じ。

個人的には5月にはいい本にも出合うし、
それを講師も読んで積極的に共有してくれる。

今年から変わっている理由は明らかにある。
書くと長くなるので、今は書かないがまたじっくりとまとめたいと思います。

得意淡然・失意泰然を意識してさらにやれることをやっていきたいと強く思います。

しもろく学舎にて
大木清人
[PR]
by simoroku | 2014-05-27 13:42

試練を乗り越えて強くなれ

今日も昨日に引き続きいいお天気です。
窓の外の木々が風に揺られ、小鳥のさえずりが聞こえます。

昨日は「小鳥のさえずりがここちいいな」と高校1年生の男子に声をかけると
「僕、鳥きらいなんです」と言われましたが・・・・

午前中は22人の生徒が定期テスト対策の勉強をしに来ていました。

c0203675_1295670.jpg



今は、一人を残し
みんなお弁当を食べにとなりの公園に行ったり、
お昼御飯を買いに出かけて行きました。

しもろく学舎にて
大木清人
[PR]
by simoroku | 2014-05-25 12:21

試練を乗り越えて強くなれ

今日は朝の9時から、塾生用のテスト前の自習室として塾を開けています。

9時になるとすぐに、車での送迎や自転車でなど10人ほど来ました。

c0203675_11482553.jpg



c0203675_11484633.jpg



その後、続々と高校生も中学生も

現在は、約30名弱の生徒が明後日に備えて頑張っています。


c0203675_11502093.jpg



明日も開けますが、今日しか来れない生徒もいますので
どんどん質問を受け付けたいと思います。

しもろく学舎にて
大木清人
[PR]
by simoroku | 2014-05-24 11:55

被災児童受入れサマーキャンプ

4月よりお話をいただいておりました
「被災児童受入れ サマーキャンプ in 福知山」へのボランティア募集や寄付金集めのための講演会に
ご協力をさせていただきますので、ご紹介をさせていただきます。

●6月1日(日)福知山交流プラザでPM2時からの講演の第2部のパネルディスカッション
「私たちにできる応援とは」に登壇予定。

●6月4日(水)三和会館ホールでPM7:30からのシンポジウム
「サマーキャンプを三和に再び迎えるにあたって」に登壇予定。


今回の被災児童受入れサマーキャンプとは

生まれ育った福島の楢葉(ならは)町に帰れない小学5年生を対象に実施されるサマーキャンプです。
「ふるさとを失った子どもたちにふるさとを」という高い志をもった方々の
強い要望により協力させていただくことになりました。

c0203675_1229258.jpg



c0203675_12291933.jpg




寄付やボランティアの協力をしていただける方は、講演にぜひお越しください。
また、来られない方でも協力したいという方は、
「福知山ゼミしもろく学舎」にお電話ください。
0773-21-4304 大木まで


本日より
Facebookをされている方は、「福知山ゼミしもろく学舎」に「いいね」していただくと
それだけで30円の寄付が行えるようになる予定ですので、よろしくお願いいたします。

しもろく学舎にて
大木清人
[PR]
by simoroku | 2014-05-24 11:44

朝読&朝ミーティング

朝がとても気持ち良い。

今日は、朝10時30分よりウォーキングミーティングの日。

1時間ほどあいたので
近くの
かつてよく来ていた公園に
読書しに久しぶりにやってきました。

今月は、意識して読書の頻度を高めています。


やっぱりインプットが多くなと、
ヒラメキや発想の転換、忘れがちな大切な事にたくさん気付けます。

c0203675_9394941.jpg


公園にて
大木清人
[PR]
by simoroku | 2014-05-13 09:40

試練を乗り越えて歩め 2014 5月 中間テストに向けて

昨日土曜日、
六人部中学校は参観日でしたので、
学校帰りに十数人の自習生がテスト勉強をしにやってきました。

中でも印象的だったのが、中学2年生の女の子3人組。

「理科(電気)が全然わからん」
「オーマの法則やったっけ・・・・ちゃうわ。オームや、私も全然わからん。」

と困っていました。


即席で3人のために授業を行うと
「めっちゃ分かった」といって機嫌よく帰って行きました。

やはり、テスト前というのはいつもとりも分りたいのに分らないという気持ちが強まっているので
分かった時の喜びは比例して大きくなるようです。

その生徒たちは今日も朝からテスト勉強しに来ています。

今日は現在、ちょうど20名の生徒がいます。

c0203675_1113432.jpg




午後はもっと多くなると思います。

静かで知的探求できる場であり、また、質問しやすい身近な場としての雰囲気が保たれるように
今日も彼らをサポートしようと思います。

しもろく学舎にて
大木清人
[PR]
by simoroku | 2014-05-11 11:01

CNE1 超短期留学体験記 Vol.2

CNE1 2日目。全く疲れを感じずに、今日も小鳥のさえずりで起きることができた。

c0203675_22145168.jpg


1階エントランスの眠そうな顔をしているガードマンに挨拶をかわし施設内の散歩をし、
朝7時から始まる食堂に、ちょうど7時に朝食を食べに移動した。

昨日知り合った30歳の日本と中国のハーフの男性とテーブルを共にし、
お互いに自分の英語に気を使いながら話し、いい感じのウォーミングアップとなった。

c0203675_2217611.jpg


通常はレッスン以外では日本人同士は日本語で話すことも多いが、
EOPというカードを首からぶら下げていれば、日本語を話す必要もないし、話しかけられることもない。

僕はぶら下げていなかったが、英語で話しかけられれば英語で応え、日本語で話しかけられれば日本語で返すと決めていたので、過ごしやすかったが、英語しか話したくない人はぶら下げないと、結構、日本語の会話が多くなるので少し大変なようにも感じた。

それでも、ワーキングホリデーで海外に行きながら、日本人で固まって英語のスキルがいつまでたっても上がらないより、CNE1はマンツーマンの授業なので、けじめがつけられるので過ごしやすいし、24時間英語というのが不安な人にはおすすめしたい。


さて、
今日は6時間のマンツーマン授業を2時間づつの3セットに分けて行った。

8時からの初回は、写真では真面目そうに見えるがテンション高めで面白いパトリック。

c0203675_22444699.jpg


発音のクラスだったので、各発音、たとえば、RとLの違いを明確にマスターするために
その音を含む何十という単語を発音したり、その音を多く含む(とてもたくさん)早口言葉で訓練したり、その音を多く含む文章を読んだり、穴埋めしたり、とても、朝からとてもハードな授業をこなした。

そのあとは10時から前日も担当してもらったジェニファーと

c0203675_22274256.jpg


Talk and Talkスタイルの授業で、基本的には教科書の中にある文章や会話を読みながら
進めていくのだが、創造的に会話をすることが目的の授業なので、気になるトピックを選んで好きなように話したり、質問したりの繰り返しで非常に楽しい肩の力の抜けたレッスンだった。

昼食をはさみ、若干の休憩をした後は、
午後は1時から前日も担当してもらったニクソンと
午前中とは、少し異なるスタイルの絵を見て、絵の説明をするところから始まり、
その絵の話を膨らませたり、同じように雑談をしながら文法の指導を受けた。

c0203675_22285089.jpg



あっという間の6時間の授業が終わり、5種類のレッスンを受けることができて非常に勉強になった。
どのレベルの生徒でも、留学をすること自体に非常に大きな意味を僕自身は感じることを再確認した上で、さらに付け加えて言うと
このCNE1で短期的に英会話が上達するためには、ある程度の文法と語彙力は欠かせないと思った。

つまり、全く英語を知らないのでは厳しいので、
日本の学生なら英検3級位は取得してからがいいと思う。
中学生でここに来て、環境や人にインスパイアされ、
英語をもっと学びたいという思いが内発的に芽生えれば、
日本での勉強に大きな意味ができ、勉強の価値感も大きく変わるのではないかと
思うし、塾生たちで留学したいと言っている生徒たちなら
容易に想像できることのように思います。

しかも、中学生や高校生ならこのCNE1なら、コストパフォーマンスが素晴らしいので、
定期的に来て、自分の実力を試し、成長を実感すれば、必然的に英語の上達は間違いないし、さらにGLOBALな感覚が養われ、将来の可能性が広がるのではないでしょうか。

行きたいといえばの話ですが、当然ながら、自分の娘には
是非とも、定期的に行かせたいと思いました。

Dinnerを共にした方が、食べ終わった後、バスで買い物に行くと聞いたので
急遽、僕も一緒に行って、

c0203675_22295933.jpg


フィリピンを肌で感じることができた。

明日の朝3時にここを出発し、
9時15分の便で日本に帰ります。今回の3泊4日は大正解であり、
必ず、次につながる一歩となりました。

明日の夜には、塾に戻り、通常通り指導に入ります。


こんな機会を持とうと思ったのも、生徒たちのおかげであり、
当塾に通うことを認めてくださっている保護者さまのおかげであることに感謝し、
明日以降も、仲間である講師たちと一丸になって指導にあたりたいと思います。


フィリピンにて
大木清人


おっと、最後に余談ですが、僕がこの2日間で最も嬉しかったことを付け加えます。

すべてのレッスンが終了した後、
「フィリピンのハロハロならあそこで買うといいよ」と昨晩、教えてもらったところに行って
ハロハロ片手にウキウキ気分で歩いていたら、
現地の日本人スタッフに呼び止められて、
明日帰るのに、新しいメンバーを迎える、
いわば歓迎会に混ぜてもらった。

自己紹介やメインの講師紹介など、すべてin Englishで行われ、楽しかった。
(聞き取れない箇所がいくらかあったが・・・)

途中で、みんなが今日誕生日を迎えた僕にHBsongを歌ってくれて、
十数秒でしたがフィリピンで最も幸せなひと時を過ごしました。
リズムがかなりPopだったことも、幸せ度を高めていたように思います。
海外で語学を学び、文化にふれ、人と交流することは素晴らしいと改めて感じました。
[PR]
by simoroku | 2014-05-06 22:39

CNE1 超短期留学体験記 Vol.1

2014年5月4日の昨日、僕はこれまでにない体験をするためにフィリピンのCNE1へと向かいました。

c0203675_2042816.jpg

関空

c0203675_20435533.jpg

マニラ上空

c0203675_20453817.jpg

空港からタクシー(CNE1スタッフの)で3時間かけて目的地へ






明日で33歳を迎える僕は、これまで18から25までの間に
アメリカやオーストリア、スイス、イタリアなど前半の5年間はアマチュアスノーボード選手として
後半の3年間は夢だったプロスノーボード選手として先輩たちに引きつられて海外を経験してきました。
引退後は、海外へ行くことはなくなりあっという間に32。


今回は初めてスノーボード抜きで海外へ。


旅行で海外へ行くほどの余裕はないんですが、
今回は 「福知山ゼミに通う生徒のために」 フィリピンに来ることを決意。
(留学に興味がある生徒、親は一緒に行けないが子どもには海外を経験ほしいという保護者様のために)

塾の授業を考えるとテスト前だし、
どう考えてもスケジュールがなく、GWの4日から7日の弾丸3泊4日できました。
(7日の夜には塾の授業に戻る予定)




訪れたそこには多くの日本人留学生とOfficialなフィリピンのEnglishインストラクターたち

c0203675_21515959.jpg


そして、何より素晴らしいのが青い空の下に勢いよく伸びるマンゴーの森があり、
その中にカラフルな校舎と宿舎が芝生を囲い、中庭にはフィリピンではよく見るクーボが
屋根はフィリピンスタイル(葉)・柱は韓国スタイル(竹)・床は日本スタイル(板張り)という
共同経営者3人の国を表すかたちでいくつか置かれている。

c0203675_2158214.jpg

クーボ

c0203675_2282015.jpg





5日 朝6:30
とにかく小鳥の声が天国のような朝を演出、前日の電車と飛行機と車の疲れは吹っ飛び
気持ち良く目覚めました。

c0203675_2319741.jpg


c0203675_23481086.jpg

料理は想像より旨かった。





滞在期間はたったの2日間。どの留学生や講師と話しても
「Only two days!!! Why?]と
驚かれてばっかりでしたが、説明もそこそこに施設見学や現在留学中の方に
初日からReseachをかけました。

CNE1以外にも留学経験がある方々は、口をそろえて
ほとんどの語学留学はレッスン形式が、グループレッスンなので、
他の外国人に比べて圧倒的に発言の機会が少ないのに対し
(もちろん、もっと自ら積極的になる必要があることは理解しているが)

CNE1では、マンツーマンで文法でも会話でも話しまくりなので
非常に会話のスキルアップに役立つとおっしゃってました。
どの方もやはり「マンツーマンレッスン」に対して満足を得ている様子でした。

c0203675_23453364.jpg


百聞は一見にしかずということで、2日間でマンツーマン授業を10時間みっちり行うことにしていましたが、
レベルに合ったカリキュラムを設定するために
Speaking test を行いました。

c0203675_23502693.jpg


わくわくする緊張感でしたが、テスト自体は非常に楽しめ、まずまずの結果だったので
文法や会話など一通りのレッスンを受けれることになりほっとした感じは、
普段テストのない僕には非常に新鮮なものです。

いよいよ午前10時からレッスン

c0203675_23552341.jpg

授業の70%をこちらの発言になるように上手くコントロールしてくださいました。


c0203675_23565583.jpg



4時間のレッスンを終え、CNE1のすごさを体感。


それは鍛え上げられた講師の実力でした。


実力の理由を聞いたところ
彼らは、毎回200人ほどの応募の中から数人を選び出し、
その上で3週間みっちり研修を行うそうです。
エントリーシートに目を通し、いきなり電話での文法・発音チェックを行い、
その後も3段階ほどチェックし選考していくそうです。

雇われても毎週、生徒からの評価が出されるので、おちおちしていられません。

そのおかげもあって講師のクォリティーが高いレベルで保たれるのでしょう。
CNE1の本気度を感じた時間でした。




夕食とハロハロを食べ、今日のところは終了となりました。


c0203675_0264851.jpg


c0203675_0271972.jpg

ハロハロ



これから明日のスケジュールの確認をして、明日の準備です。
明日は今日よりも授業時間が長いから、早く休んで備えることに、

と思って時間を見たら33歳になる日を迎えていました。

Happy Birthday to me

英語に対して強い意識が持てる年になりそうです。

フィリピンにて
大木清人
[PR]
by simoroku | 2014-05-06 00:08


しもろく学舎長ブログ


by simoroku

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

ホームページ
地図
テミルの原則
講師募集
東北被災地支援

以前の記事

2016年 12月
2016年 04月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月

お気に入りブログ

POSITIVE ACT...
教学舎の学びの日々

リンク

その他のジャンル

最新の記事

2016年末 ご挨拶
at 2016-12-26 10:15
「やり方」ばかりに目をやって..
at 2016-04-23 09:35
引率留学の様子。
at 2015-08-10 21:50
関空到着!
at 2015-08-09 09:39
第3回 引率海外留学へ
at 2015-08-09 07:20

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

教育・学校
受験・勉強

画像一覧