<   2011年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

静かなやる気

今日は朝10時から高校生の中間テスト勉強のために塾を開けていました。

10人の高校生が訪れ、
中学生とは少し異なる静かなやる気を見せてくれていました。

普段は教えることの少ない「化学」や「物理」も今日はやれて良かった。
数学や英語の実力は普段良く見ているのでわかるが、
他の教科は、こういう時以外は、どんな状況下わからないので、
今日はそういう意味でも良かったと思っています。

もうすぐ終了するが、参考書を借りて帰る生徒が多いので、
今日の夜と明日と、まだまだ家で頑張るのでしょう。

とにかくみんな、ベストを尽くして頑張って欲しいと思います。

しもろく学舎にて
大木清人
[PR]
by simoroku | 2011-05-28 19:00

躾(しつけ)

昨日、迎えに来られたお母さんが、
お子様に「先生のほうを向いて挨拶しなさい」
「自分の口で先生にあの事を言いなさい」など
キチンとしつけをされている姿を見て感心しました。

中学校で授業が上手くいっていない噂を最近、耳にしているので、
特にそう思ったのかもしれません。

つい先日も、地元の大型スポーツショップで
エスカレーターで上り下りして遊んでいる4歳くらいの弟と
7歳くらいの兄であろう2人を見かけ、「危ない」のと「利用者の迷惑」を感じました。
そのときは、親が「注意しないのかなぁ」と思い、そのまま通り過ぎましたが、
帰りにもまだやっていたのと、どうやら親は近くにいないようでしたので、

その兄の方に「危険だから止めなさい」と注意しました。
しかし、僕がやったことが正しいかを考えてみても、
「やっぱり注意してよかった」、という気にまでは成れませんでした。

「僕は、 ひと(その子の親)に注意できるほど偉い人物か」と考えると、

「そうではないな」と、

「そのくらいの子を持つ親になってみたこともない」し、
僕が21歳の時にヨーロッパで共に過ごした時の
「韓国人のルールやマナーの厳しさにただ感心するしかなかった」ことを思い出すと
そういう答えしか自分には返ってきませんでした。

まだまだ人格もできていないし、善や徳も足りていない。
でも、やはり自分が気がついた時には、
しっかりと注意すべきだと思っています。

自分勝手だと思われるでしょうが、
1人でも多くの誰かが公衆マナーを高める努力をしなければならないと思います。

僕は、子供のころからルールというのは得意ではなく好きではありませんでした。
ルールは場所によって変わってくるし、今では国によって大きく異なることも理解しています。

結局のところ、決める為政者や権力者によって定められていることが結構あるからでしょう。

ルールと言うのは堅苦しいので、塾では、ルールを最低限にして自主性を尊重した、
「自己責任を原則とする中で能動的な自由な自主自律」を心がけています。

しかし、自由といっても、マナーを無視してはいけないと思います。
マナーは、社会全体で作り上げてきた規範のようなもので、
良いマナーは、人に好感を与えるものであると思うからです。

だから、生徒達には、ルールよりもマナーを重視した教育をしたいと思っています。
マナーとは、礼儀で、これがしっかりとできないと、
いくら能力が高く、スポーツや勉強ができたとしても、人としては失格でしょう。

躾(しつけ)をキチンとする、という事は、
どの親でも感じると思いますが、骨が折れるし、気持ち良いことではありません。
勉強中の姿勢、挨拶、言葉使いなど、常に注意をし続けなければならないからです。

この注意をする習慣が、小言を言っているようで嫌になることがありますが、
これは彼らのためになると思い、やり続けることとしたい。

その中でも、僕たちは、姿勢を意識させたい時は、
姿勢の良い子を見つけてその子を褒めて、周辺に意識させたり、
挨拶や言葉遣いは、タイミングとその子の年齢と注意する頻度を気にしながら、
注意する事ばかりを考えずに、姿勢と同様に、出来ている子を見つけて、
過剰にではなく、普通に褒めて、
何が悪いかではなく、何が良いのかをたくさん言っていくことで
出来る範囲内で躾(=マナー)に取り組んでいきたいと思います。

注意ばかりでは、子供はついて来てくれないと思うので、まずは、
自分自身が完璧ではありませんが、良いロールモデルとなれるように、
授業準備だけでなく、掃除にも気を使っていこうと思います。

出来ることをひとつ一つ丁寧に。

しもろく学舎にて
大木清人
[PR]
by simoroku | 2011-05-27 10:08

講師も成長を見える形でのこす

中学生は中間テストの点数が出揃いつつある中、
しもろく学舎では、中学生は、
毎回の自分の定期テストの点数が、各教科と合計点との
両方すぐに見てわかるようにグラフで「見える化」しています。

自分だけ確認できるようにして、他者には見れなくなっています。

中学生の間は、毎回の自分の点数の結果に学び、
その推移から色んなことを学び取って欲しいと思って作っています。

今年度からは、講師も1ヶ月に1回のペースで、英語と数学をテストし
その推移をグラフ化して、管理することになっています。

今日は今年度2回目のテストです。

生徒の気持ちになって、真剣に取り組みたいと思います。

しもろく学舎にて
大木清人
[PR]
by simoroku | 2011-05-25 13:20

知ること分かることの経験をつんで欲しい

中学生の大半が中間テスト終えて、
あとは市島中学校の生徒と
各高校の中間テストが来週・再来週となりました。

テストを終えた子供たちは十人十色で、
この2週間の頑張りもさまざまでしたが、
目にもとまらぬ速さで毎日が過ぎていきました。

今回の結果は、まだ出揃っていませんが、
いつも通り、喜び満足する生徒もいれば、
悔しさを語り「次はこうする!!」と伝えてくれる生徒もいました。

結果は常に次のための肥やしとするように生徒たちには言っていますが、
どうしても、テストが終わって気が緩むと、

「こんなん将来役に立つん?」とか、
「社会に出てもこんなん使わんやん」と言う生徒がいます。

分からないとそう言いたくなる気持ちは凄くわかります。
僕も子供のころ何度か言った記憶もあります。

そんな時、僕たち講師一同の答えは

「役に立つか立たないかで言うと、役に立つ。知識があれば、世界が広がる。
 
 でも、正直に言うと、使うか使わないかはわからない。それはその人の人生による。

 でも、僕たちは3人とも、
 みんなが分かりたいと少しでも思う気持ちを伸ばしたいから、
 「分かりません」は大歓迎で、分かるまで何度も指導する。

 だから、分からなくても嫌になる前に聞いてほしいんやで。」と言っています。

もっと、良い言い方があるのかもしれませんが、
使うか使わないかの議論をしても答えは出にくいと思います。


生徒たちが自ら進んでやる学習姿勢を創るために、
やれることから1つ1つ今日もやっていこうと思います。



外はもう夏を感じさせる陽気です。

c0203675_11233527.jpg




しもろく学舎にて
大木清人
[PR]
by simoroku | 2011-05-20 11:25


しもろく学舎長ブログ


by simoroku

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

ホームページ
地図
テミルの原則
講師募集
東北被災地支援

以前の記事

2016年 12月
2016年 04月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月

お気に入りブログ

POSITIVE ACT...
教学舎の学びの日々

リンク

その他のジャンル

最新の記事

2016年末 ご挨拶
at 2016-12-26 10:15
「やり方」ばかりに目をやって..
at 2016-04-23 09:35
引率留学の様子。
at 2015-08-10 21:50
関空到着!
at 2015-08-09 09:39
第3回 引率海外留学へ
at 2015-08-09 07:20

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

教育・学校
受験・勉強

画像一覧