<   2010年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ハロウィン

c0203675_11512075.jpg

今年もハロウィン週間をやっています。
授業終了後に、
箱の中に手を入れて、お菓子を一つずつもらって帰ります。

中を見ないで取るので、みんな手探りまくっていました。

大したお菓子ではないのですが、

以外と
小学生・中学生・高校生みんな喜んでくれるので、
配っている講師も楽しんでいます。

チョコパイが一番人気のようですが、チョコパイは残りわずかです。

明日まで楽しく続けます。
自宅にて
大木清人
[PR]
by simoroku | 2010-10-29 11:51

「環境が変われば、人生は変わる?」

この中間テストで、しもろく学舎で言うところの
「個人の爆発」を起こした生徒が、周りを変革させ始めている。

その生徒は、2学期からの中3の生徒ですが、
明るく元気で周りを和やかにしてくれる生徒なのですが、
勉強の方はというと、内外的に認める「不得意」と言う所でしたが、

塾に通い始めて、分かると楽しいという感情と、
そろそろやらないとという責任感で今までに無いほど、
勉強していました。

その生徒が、苦手であった数学で90点を取りました。
これはトップクラスの点数で、周りの生徒たちはもちろん、
学校でも噂になっているほどでした。

環境が変わって、自分が変わり、環境が変わった
すばらしいカタチでした。

「自分が変われば、環境が変わる」
「環境が変わんなきゃ、自分は変われない」。
この2つはどちらも真実だと思います。

しかし、それがぐるぐると何回転もすることで、
変化するのだと思います。

村山 昇 著の「いい仕事ができる人の考え方」より
図を拝借しますと、以下のようなことだと理解しています。

c0203675_18495224.jpg



c0203675_1850135.jpg


c0203675_18501056.jpg



「個人の爆発」を多数の生徒が実現していることで、
しもろく学舎の良い学びの場としての
下の図のように雰囲気ができているような気がします。

c0203675_18502041.jpg



誤解の無いように補足しますと、御分かりの通り、
決して来るだけで伸びるわけではありませんので、
全員が変化していくわけではなく10%ほどの生徒たちは、
伸び悩む現実もありますが、それは今後の僕たちの課題であり、
決してあきらめない強い意志と共に挑戦・工夫・改善を繰り返し、
「強制と命令ではなく、説明と説得により個々を伸ばそう」
と思っています。

今後も新しいことを身に付けたいと思って来てくれる生徒一人ひとりに
個人の爆発をしていってもらえるように頑張ろうと思います。

しもろく学舎にて
大木清人
[PR]
by simoroku | 2010-10-27 18:50

第1子の誕生~誕生までの物語

「そろそろ子供がほしいなぁ。」
この会話が交わされたのは約2年前のことで、それ以来、
この話題が夫婦の間で絆を太く強くしてきました。

結婚した時には、
「20代のうちに1人は欲しいね。」
というふうに妻は言っていましたが、
僕は自然に任せていればいいという気持ちを持っていました。
この気持ちの背中を押していたのは、
結婚後3年間くらいはDINKS(ディンクス Double Income No Kids)
の時代をおくりながら夫婦の絆を深め2人うちにしか出来ないことを
したいと考えていたからです。

しかし、若いうちに授からないと
女性は肉体的にリスクが高まることを会話の中で理解し、
20代のうちに子作りし、子育てをしていくことに同意しました。

つくろうと思っていなくても授かる方、
つくろうとしてその計画通りに授かる方、
思い通りにはいかずに根気が授かるために必要な方、
授かる以外の人生をおくる方、
本当にいろいろな方が存在すると思いますが、

自分たちは授かるまでに少し時間がかかりました。

妻は、幼稚園の教諭をしていましたので、
途中退職が絶対にできない職に就いていたので子作りをするために
1年半前に退職し、
篠山に新婚生活の場をおいていましたが、福知山に戻ってきました。

結果的に約1年間励み、
妻の努力が積み重なりと夫婦の絆が強くなったときに
授かることが出来ました。

結果的にDINKSの時代をしっかり3年間過ごせて良かったと思っています。

それから出産する10月22日までの
約7.8ヶ月間とても楽しく過ごしました。

出産予定日が10月18日と中学校・高校の中間試験が行われる直前で、
立ち会えなくてもしょうがないと思いつつ、
立ち会いたいという思いが時間の経つにつれて強まっていたので、
お腹の赤ちゃんに
「空気を読んでくれよ」
「その日はお父さん、忙しいぞー」
と夫婦揃って言っていました。

どきどきしながらも、中学生・高校生と共に
学習に熱を入れていました。
そして、出産予定日を過ぎ、ついに、中間テストを終えました。
なんと、親孝行な子供かと感謝しました。
実際に家に帰ってから
「ありがとう!もういつ産まれてもいいよ。」と語りかけて寝ました。

すると、次の日の朝、妻の「破水した。」と言う声に飛び起きました。
すぐに着替えて準備してあった荷物を両手に抱え、車に走りました。
病院は篠山にあるので、高速に乗って30分かかる場所にあるため、
自家用車の軽自動車ではなく、
乗り心地のいい義父のアルファードを借りて向かいました。

破水すると早く生まれることを車中の電話で実母に聞くと
若干焦りましたが、妻は陣痛も無く、
ケロッとした顔で後部座席に座っていたのですぐに落ち着きました。

病院についてLDR室に入ってからも、
陣痛がなかなかこなかったので、
錠剤を1時間に1錠づつ処方していただきながら、
陣痛を誘発させようと試みたが陣痛がこないまま昼を越えました。
医師の先生も「これは明日になるかもしれないねぇ」
と言っておられてので、
そのような心構えにギアを入れ替え、
一旦車の入れ替えと授業を任せるための仕事チェックのために
福知山に帰りました。

しかし、病院に戻るとすぐに状況は一変しました。
陣痛を誘発させる点滴が効いてきたのです。
陣痛を強く感じて苦しそうに顔を歪める
妻の尾骨周辺をさすることに一生懸命になりました。
「痛くなると暴言を吐くかもしれない」と言っていた妻でしたが、
一度も暴言を吐かずに必要としてくれていました。

そして、医師の方が診察し状況の変化を冷静に頭と手で分析され、
出来るだけ自然分娩をと先生も自分たちも考えていましたが、
手術室に向かうことになりました。
「帝王切開になることも、もしかしたら、あるかもしれないからね。」
と言う先生の一言に少し不安を抱きながらも、
母子ともに無事であれば何でもいいと強く願いました。

手術室の前で、妻のいきむ声が聞こえる中じっと我慢していました。
お互いの両親や妻の妹なども駆けつけてくれていたので、
そちらに顔を出しに行った数分後、看護婦さんが扉を開き、

「お生まれになりました。」

すぐに駆けつけビデオを片手に声が出ず、
ふりしぼって妻に「がんばったな。」
と声をかけた瞬間に目が潤んでしまいました。

性別も聞かずにここまできたので、どちらかが気になりました。
10月22日 午後7時50分 2618g 47.8cm 女の子でした。

名前は男の子なら「空(そら)」、女の子なら「空乃(そらの)」と
決めていたので、抱かせていただいた瞬間に名前を呼び、
家族のみんなにも紹介することができました。

男性諸氏の経験者は分かると思いますが、
この日まで予定日の数日前から携帯電話に意識がいき、
そわそわするものです。その感情もこの機会と共に無くなり、
この瞬間から携帯電話はわが子を見ることに使われます。

家族や看護婦さん達は、皆声をそろえて、
「お母さんにそっくりやね」と言い、その後は
体のわりに頭が大きいことに頬を緩ませます。

これから大木家は新しい家族と共に新しい成長期を迎えます。
これからの夫婦の会話は「子供がほしいね」という会話から、
「どうやって育てようか」という会話に変更です。

そして、また時期が来れば、
「2人目がほしいね」と変わっていくでしょう。
一先ず、新米お父さんお母さんの子育てが始まりますが、
大木家の新しい一員を可愛がってやってください。

しもろく学舎にて
大木清人
[PR]
by simoroku | 2010-10-26 14:58

熱気はまだ残っています

今日で、中間テストに向けての勉強は終了しました。
明日みんなの持っている実力が最大限発揮されることを願っています。

今日は、1時30分から自習室にやってくる5人の生徒から始まり、
すぐに10人を超えてからは、ずっと活気と熱気が満ちている状態でした。

c0203675_2229389.jpg


c0203675_22291741.jpg


c0203675_22292976.jpg



当然ながら、来週に返ってくるテストは、
「良い結果の生徒・悔しい結果の生徒」まちまちでしょうが、
明日から、また坦々とやるべきことを誠実にこなし、
次に備えていきたいと思います。

今も、みんな家で頑張っていることでしょう。
日付が変わっても頑張っている生徒もいると思います。

みんな明日頑張ってください。

しもろく学舎にて
大木清人
[PR]
by simoroku | 2010-10-21 22:35

満足の笑顔

昨日、日新中学校の生徒が中間テストの結果を報告してくれました。

それぞれに「あともう少しこうしたかった。」という
悔しい気持ちはあるようでしたが、

今のところ在塾生は、みんな430点前後(主要5教科合計)で、
高い生徒は、460を超え教科によっては、100点もとっていました。

「点数だけが評価や成果ではなく、
 自分の前回のテストに比べてどうだったかを意識するように」
と日頃から話していますが、

先週は、日新の生徒で自習室が使用され、
今週は、六人部の生徒に自習室が使用されて、

それなりに各人の努力が報われていくことをうれしく感じています。

昨日は、「11時までやらせてほしい」と中2の生徒たちが、
お願いしてくるほどでした。

自転車だったので
「遅くなりすぎるのは、危険なので、あとは家で頑張れ」
と言って帰さないといけないほどでした。

今日も自習室に、たくさん来ると思いますが
悔いの残らないようにサポートしたいと思います。



追加

生徒のやる気を感じて、
僕以外の2人の先生がさらにやる気になってくれていることも、
もうひとつうれしい要因となっています。



しもろく学舎にて
大木清人
[PR]
by simoroku | 2010-10-21 11:54

試練を乗り越えて歩め ~ 明日から中間テスト編


日新中学校の中間テストは、終了しましたが、
六人部中学校と近隣の公立高校は、今週が中間テストということで、
昨日は、
しもろく学舎の静かな活気に満ちた成長する風景が見られました。

小学生は、いつも通り90分の授業を行いましたが、

c0203675_13472886.jpg


いつもと違うのは、中学生・高校生が、テスト前は部活が無いので、
学校の帰りに塾に来て自習室を利用し、日が沈まないうちから勉強をしていることです。

c0203675_13504451.jpg




c0203675_135110100.jpg



c0203675_13512384.jpg



7時からは、中学生のいつもの授業が始まりましたが、
みんなテスト勉強に必死になって、質問も真剣でした。

c0203675_13581770.jpg


そして、自習室はすぐさまいっぱいとなり、
意欲と願望に満ちた雰囲気でした。

c0203675_13583623.jpg



ここに来る方が集中できるという子が、来ているなかには多いようです。


c0203675_13591828.jpg



夜に開いている図書館は無いので、図書館の代わりという感じなのでしょう。


c0203675_1401628.jpg



いざとなれば先生に聞くこともできるので、わざわざ遠くからでも、
自習に来る生徒もいます。


今日も、たくさんのやる気を引き出せる教室になるように
頑張りたいと思います。

しもろく学舎にて
大木清人
[PR]
by simoroku | 2010-10-20 14:05

ポスティング

中間テストが終わる今週から来週にかけて、
席数が、少ないので多くは募集できないのですが、
学習の壁にぶち当たって困っている生徒に向けて、
百通程、簡単な案内を手配りでポスティングしようと思います。

内容は、簡単な案内に加えて、
以下の「しもろく学舎」の学びの目的を書こうと考えています。



1番の目的は


「学び方を学ぶ"Learn how to learn"」



学びは学校に通う間で終わるわけではなく、


一生学び続けていくことが大切です。


そのためにも、


ここでは多くの生徒が


小・中学生の間に学び方を学んでいます。


みんな入塾時の動機は、


学校で分からないところを分かりたい…
学習習慣をうまく身につけたい…
個々の力に合わせた勉強を教えてほしい…
受験に向けて苦手な科目の
スキルアップが必要になって…


という、目の前の問題を解消しようとやってくるので、


長期的に「学び方を学ぶ」という目的を大切にし、


このような声にお応えして、
日々、
分からないところを
すぐに学習できる学習教室を
行っています。



と書かせてもらおうかと考えています。
近くの、まだ、「しもろく学舎」を知っておられない方に届いてほしいです。

しもろく学舎にて
大木清人
[PR]
by simoroku | 2010-10-19 16:15

出産予定日を迎える前夜に

NHKをこんなに見るようになるなんて、
10年前には考えられませんでした。

先週から「プロフェッショナル 仕事の流儀」が復活し、
楽しみなラインナップが続きます。
他にも、見ているものは、
「ハーバード白熱教室」「爆問学問」
「チャロ」「テストの花道」
など、NHKにはお世話になりっぱなしです。

10年前には、感じなかった知的好奇心が拡大しているのと、
NHK自体の変革によるものだと思っています。

我が家のレコーダーには、
NHKの番組が半分以上ストックされていることもあるくらいです。

明日も「プロフェッショナル 仕事の流儀」があります。
正直、すごく楽しみです。

ご覧になったことがない方は、
NHKオンデマンドで315円を払ってでも、
見てもらいたいぐらいです。

ちなみに約半年前に放送された。
番組休止前の「市川海老蔵」の回は気に入っています。

実は今も「プロフェッショナル 仕事の流儀」を見ながら、
このブログも書いています。

なぜ、今も見ているかと言うと、

明日からの1週間に向けてエネルギーを充電するには、
これが最適と考えています。

特に明日からの1週間は、
我が家の第一子が生まれる予定ですし、
中間テストもあるので、
気合いが入りまくっています。

あと、5分で出産予定日の18日です。

自宅にて
大木清人
[PR]
by simoroku | 2010-10-17 23:58

達成率よりも大切な気持ち

今日は、生徒と目標設定の大切さについて語らいました。

「ある生徒が、中間テストで70点を目指して70点を取れば、
 達成率は100%で、
 
 他の生徒が、中間テストで90点を目指して77点を取れば、
 達成率は85%で、

 前者は目標達成率は100%で、後者は目標達成率は85%ですが、

 この二人についてどう思うか」

 を問いました。


いろんな意見が出ますが、
まとめると目標を高く設定する人の方が
その時その時の達成率や満足感は低くとも
いずれその目標を達成し、
成長の量は多くなりやすいのではないかという意見に
大半が共感し、賛成しました。

満足感と達成率だけを重視しすぎると
高い目標を設定し、自分自身を成長させることが難しいことに
ひとりの女の子が感じ、

「頑張るわ!無理と思われてもやってみな気がすまんし」と言ってました。


結局、その生徒は午前10時からついさっきの5時半までいました。

今日は、総数25人が能動的に学習しに来ていました。
自分からやろうと思って来れるから、それだけできるのでしょう。

そのような意欲が多くうまれ、
個人のやる気が拡大しやすい指導を今後も続けたいと思います。

明日からいよいよ中間テストの勉強をしに、自習室に来る生徒が
増えると思うので、一緒に中間テストを受けるつもりで
頑張りたいと思います。


自宅にて
大木清人
 
[PR]
by simoroku | 2010-10-17 18:08

テストに向けて自主学習

c0203675_1951995.jpg

c0203675_1951979.jpg

今日は朝の9時30分に教室を開け、
10時からテスト勉強に来る、
高校生と中学生をむかえました。

結果的に20人を越える生徒が来て頑張っていました。
やはり、やる気になっている時をサポートするのは、
楽しい、

いつも思っている
「教わって楽しく、教えて楽しい」雰囲気に
なっていたような気がします。
(少しよく言いすぎかもしれませんが…)

明日も、今日と同じく
自主学習を行う、意欲に教室がつつまれてほしいと思います。

しもろく学舎長
大木清人
[PR]
by simoroku | 2010-10-16 19:05


しもろく学舎長ブログ


by simoroku

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

ホームページ
地図
テミルの原則
講師募集
東北被災地支援

以前の記事

2016年 12月
2016年 04月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月

お気に入りブログ

POSITIVE ACT...
教学舎の学びの日々

リンク

その他のジャンル

最新の記事

2016年末 ご挨拶
at 2016-12-26 10:15
「やり方」ばかりに目をやって..
at 2016-04-23 09:35
引率留学の様子。
at 2015-08-10 21:50
関空到着!
at 2015-08-09 09:39
第3回 引率海外留学へ
at 2015-08-09 07:20

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

教育・学校
受験・勉強

画像一覧