<   2010年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

オリンピック選手に学ぶ

オリンピックも明日で閉会式

今回のオリンピックを通じてメダリストとそうでない選手の違いは
努力の量なのか、経験の量なのか、生まれ育った環境なのか
または、年齢によるものなのか、何がどう左右するかは
つかめませんが

試合を終えた後の選手のインタビューで

Bigな選手ほど謙虚さの中に強さを感じました。

かつて僕も選手だった頃
生活面においても、精神面においても、発言や遊びにおいても
強い気持ちを持って、上手いよりもすごいを目指せと
よくコーチングを受けていたことを思い出しました。
僕はそれほど有名な選手にはなれませんでしたが
一流の選手とフィールドを共にし、生活を共にすることがしばしばありました。

その経験も含め、一流の選手の中に、目立ちたいと思って
やっている方はほとんどいず、周りに感謝し
1つのことに一生懸命で
すべてのことを、そこに合わせて行い
自分の身を投じていき、失敗・敗戦を繰り返しながら
その中で、自分の課題を見つけ改善していく
その動機は、常に大きな向上心なのだろうなと思います。

話は大分スケールダウンしますが
塾でも強い向上心を持った生徒は
よく敬語を使うようになり、学習姿勢にある種の自立を感じます
学習方法の改善も厭わなくなり、
まるで二次関数のグラフのように成長していきます。

勝っても泣き、負けても泣く、本気の姿勢に僕は感動し
感動だけでなく応援もしたくなります。
しもろくの生徒の中にもそんな風に
応援してもらえるような人が
一人でも多く育つように、まずは、僕自身が本気の姿勢で
事にあたっていこうと思います。

c0203675_11503338.jpg

しもろく学舎にて
大木清人
[PR]
by simoroku | 2010-02-28 11:50

自問自答の習慣

塾の仕事をはじめて、
なりたての頃は、先輩にあれこれ指導を受けたり、
自ら質問し、毎日考えさせられることが多かった。
失敗したときも後押しされたりする。

しかし、しもろく学舎が1年前から始まり
ある時点を過ぎると、おのれでの裁量で
処理することも多くなった。

個人として、教室長として、また、家族の柱として
役割がまったく異なってきたが
自分自身に自問自答する質問がある。
自分自身への質問には
正しい答えがあるわけではないし、
質問の内容が、いつもしっくりくるわけではない
そして、答えを出さないといけないわけでもない。

目の前の仕事から一歩離れ、重要な問いに答える時間を
設けることで、自分の行動を改善し、問題が生じることを
未然に防いでいるように考えている。


質問の内容は、
「優先課題は」
「現状認識とその調整方法は」
「1日においての時間配分は」
・・・
など、現在学んでいるdevelopmentを
利用しているのですが、
自分自身の仕事の階段を上るにつれて
率直にアドバイスしてくれる人が減っていき
自分の仕事ぶりを正しく認識できなくなり
道から外れてしまうことは、たくさんあると思います。
このような落とし穴を避けるために
時折一歩下がって自問自答し
内省することが重要だと感じます。

c0203675_16102810.jpg

塾の外ににいつもいる猫ですが、最近どうも目が見えないようで・・・・かわいそうです。

しもろく学舎にて
大木清人
[PR]
by simoroku | 2010-02-26 16:01

3つの要素

あと2週間で公立入試が迫っている。
各人がそれぞれ目標に向かい努力を積み重ねているが、

そもそも目標をどう設定できるかが、重要な点でもあると感じます。

何かと要素を分けて簡単にし、
考えやすくすることが好きなので
(「心・技・体」や「居・食・住」など、他にも「走・功・守」もあるが・・・)
目標をどう設定をするかを決めるときに重要だと思う3要素があります。


まず 「自」
これは、現在の自力(潜在能力も含めて)

そして 「対」
これは、メインになる目標の対象のモノ

最後は、「競」
これは、どの程度の競争がそこにはあるのかです。

この3つの要素をそれぞれ考え把握すれば
何をすべきかが見えてくるように思います。

去年の秋に
ある一人の生徒も
自分の今の力で行きたい高校へ行けるのか?
という漠然とした考えから

「自・対・競」によって

今の自分の力から、
精一杯意識を傾ければどれくらい出来るのか、
具体的に成長するための時間をどこでどうとれるのか
それらを考える上で、行きたい高校は
どれほどの競争の中で争われるのかなど
自分と目標の間に可能性を発見していく中で
目標設定を行い、時限を決めて、行動していった生徒もいます。

10代の頃から、目標設定をするときに、動機がハッキリしているものは
達成できることが多かったですが
動機がハッキリしなくても、目標設定と行動を上手く行えば
結構、達成できると感じています。

あと、2週間各人がしっかりと取り組む姿を
目に焼き付けながら、新たに3月から新しく入ってくる
生徒たちの準備にも励みたいと思います。

しもろく学舎にて
大木清人

c0203675_16134860.jpg

ミルキ-の袋の中に「大玉」と書いてある
普通の2倍のミルキーを見つけました。当たった気分です。
[PR]
by simoroku | 2010-02-19 16:16

突破しようとする素晴らしい姿

昨日も
雪がちらつく、寒い夜にもかかわらず
十数名の中3生が、集中力を高めながら
入試当日を想定した学習を約2時間ほど行っていました。

自らの願望を意欲を持って叶えようとする姿を見ていると
それだけで、とても心強くなりました。

しかし、その後、もっと嬉しかったのが
今まで、努力がなかなか実らなかった生徒から
「先生、80点やった!!」
「英語が分かって、楽しくなってきた」
「最近、勉強が楽しくなってきた」
と、
「やってて良かったな」と
言いたくなるような言葉をたくさん聞けました。
(まだ、言いたくなかったのは・・直感的にまだかな?と感じたからですが・・)

でも、
最高に嬉しいというか・・・
何ともいえない感じでした。涙・・・笑

今、みんなの頑張りに感謝しながら

今日も明日も、分からないところを沢山尋ねてきて欲しい

そして、みんなこう強く気持ちを持って頑張って欲しい。



c0203675_12342167.jpg



しもろく学者にて
大木清人
[PR]
by simoroku | 2010-02-05 12:36

ONITAIJI < よい芽を願い

c0203675_15435226.jpg


節分は、なぜ豆をまくのか?
それには理由があると聞いたことがあります。
いくらかある理由の1つに
すごく昔は、現在の2月の頃が1年の最後の月とされていました。
(そのせいもあって、2月は28日間しかないそうです。)
そして
豆は、穀物の中でも特に芽が出やすいモノとして、昔から知られています。
ですから、年の終わりに来年もたくさんよい芽(幸せ)が出るようにと
豆を蒔いたそうです。

この理由を聞いて以来、豆まきをするときは
幸せを願いながら、豆まきをするようになりました。

子どもの頃、鬼をやっつける事に必死だったのが
今では、あまり振りかぶらずに豆まきが出来ます。

何事も意味を知ることで、変化するんだなぁ・・と感じながら
昨年同様今年も夫婦で豆まきをしたいと思います。

しもろく学舎にて
大木清人
[PR]
by simoroku | 2010-02-03 15:44


しもろく学舎長ブログ


by simoroku

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28

カテゴリ

ホームページ
地図
テミルの原則
講師募集
東北被災地支援

以前の記事

2016年 12月
2016年 04月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月

お気に入りブログ

POSITIVE ACT...
教学舎の学びの日々

リンク

その他のジャンル

最新の記事

2016年末 ご挨拶
at 2016-12-26 10:15
「やり方」ばかりに目をやって..
at 2016-04-23 09:35
引率留学の様子。
at 2015-08-10 21:50
関空到着!
at 2015-08-09 09:39
第3回 引率海外留学へ
at 2015-08-09 07:20

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

教育・学校
受験・勉強

画像一覧