<   2009年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

試練を乗り越えて歩め その2

昨日
中学3年生の女の子が、夜10時の帰宅時に
「数学っておもしろいなぁ!」と笑顔でさわやかに帰っていきました。

c0203675_10385724.jpg


その生徒は、
期末テスト前ということで、
通常の授業90分をこなした後、
自習スペースに残り、計3時間の学習を行って帰りました。

普通なら疲れきって帰るところですが、
とにかく、どんどん分からなかったところを理解して
分かって進めれたので嬉しかったようです。

学習した内容は、2年生の時からずっと苦手だった関数でした。
昨日のその生徒の勉強スタイルを思い返してみると
笑顔で帰ることが出来た理由は、大きく分けて3つありました。

1つ目  質問する力
       苦手な数学の関数を福知山ゼミで、質問しながら進めようと考えたこと。
2つ目  考える力
       分からないところで、よく考えてから、毎回質問を繰り返していたこと。
3つ目  あきらめない力
       苦手だった期間が比較的長かったからこそ
       分かって出来たときの喜びが大きいこと。

これらの要素がその生徒の中に3時間、常にあったように感じました。
当然、こちらも分かりやすい説明に力を注いではいますが、

本人の能動的な学習姿勢が身を結び
「数学っておもしろいなぁ!」と感じれたのだと思います。

私も塚田先生も、とても嬉しかったことは、言うまでもありません。

「生徒のやる気・根気」と「生徒の成果」の関係を
その生徒がやっていた関数で、例えて言うと
一定に増える1次関数ではなく、どんどん増えていく2次関数といえると思います。

3時間の勉強でもあっという間に感じれるのは、
自ら進んでやっているから

試練を乗り越えて歩んで、その先の喜びを手にしてほしい

しもろく学舎にて
大木清人
[PR]
by simoroku | 2009-11-25 10:57

金曜日の朝

c0203675_1120451.jpg


金曜日の朝というと
一般的に多くの人が、
1週間の仕事を終える最終日というイメージ
今日を乗り切れば休みだ。と思ったときも
塾をする前はありました。

しかし、今日の朝は
「あっ!!という間に金曜日!!」で
もっとやりたいことがあると感じ
仕事にやりがいを感じれている事を
多少、寒くてまだ少し眠い朝に感じました。

それに、とてもいい天気の朝は
「まさに、GOOD MORNINGやな」と言うのですが
今日も1人車の中で、言ってしまいました。

今日は、天気もいいし、体調もいいし、気分もいい
最高の金曜日の朝でした。

日々同じようにすごしているように思いがちですが、
毎日違って、おもしろい。
今日も生徒たちが、学びたいものが学べるための
準備をして、工夫をして、分かって、出来て、達成感を得られるように
気を引き締めて「GOOD DAY」を目指します。

しもろく学舎にて
大木清人
[PR]
by simoroku | 2009-11-20 11:20

聞く より 聴く

耳を生徒に傾けることによって、
得られることは大きいと実感します。

信頼関係を築くために、一人ひとりに耳を傾け
その子をまず、知ろうと努力すれば、
結局 お互いに良い結果が現れるようです。

こちらが一生懸命に生徒の話を聴けば
まず生徒は「やる気を出す」ようになり
そして、こちらが喜ぶような情報を持ってこようと
「勉強する」ようになる子がでてきます。

こちらとしても、2つ良いことがあって
まず
生徒の話をないがしろにする人よりは
慕われ、尊敬されることもありますが、
何より、モノを尋ね、意見を求められる関係が
出来やすいと思います。

もう1つは、この関係ができれば
自然に情報が集まりやすくなり
生徒たちの生活面や学校生活まで
多少知ることができることです。

目と耳と心で「聴く」ことは、お互いにメリットがあることなので
今後も継続していきたいと思います。

(最近、帰りが遅くて迷惑をかけている家庭にも
  しっかり耳を傾けたい・・・と反省しています。)

c0203675_1611125.jpg


しもろく学舎にて
大木清人
[PR]
by simoroku | 2009-11-18 16:03

まずは自分が描き切る

今日で期末テストまで2週間

僕には、信じている「生徒をやる気にさせる方法」がいくつかあります。
そのうちの1つに
「学んでほしいという願望を言葉に染み込ませて喋る」があります。
いつでも何を教えていようが、普段の会話であろうが関係なく
学んでほしい、教えたいという願望と情熱を持つことが重要だと思っています。

評価の高い学校の教員や塾の講師、それこそ、どこのの現場でも
良きリーダーシップを発揮するためには
多くの人にやる気になってもらいたいと思いながら
語りかける力を持っている必要がある。

だから、日々分かりやすく、面白く伝えるだけでなく
先を見据え、ワクワクさせるために
生徒の少し先の
今回であれば期末テスト後の成果をまずは自分が描きるようにして
その願望を持って接します。

単純に
「何点以上取らないとダメだ」ということではなく

「前回は○○といった点が上手くいかなかったが、その原因は○○だから
この点を頑張って良くして行こう、そのために○○をやってみると
過去に成果が出た生徒がいるから、是非やってみて欲しい」
などと、願望を持って話す。

すべて、上手くはいかないが、重要なことだと感じています。
もうすぐ生徒が来ますが、今日も
1つ1つ丁寧に
彼ら彼女らと目線を合わせて取り組みます。

c0203675_15593833.jpg


しもろく学舎にて
大木清人
[PR]
by simoroku | 2009-11-12 16:00

結果 < 過程

今よりも上達したい
そのために
何か新しいことの成果を生むためには
「時間」「労力」「お金」が、必要な努力としてよく上がりますが

そういった努力を行っても
上手く成果が上がらないこともあると思います。
「結果」ばかりに気をとられ、生活の中での過程が
ある意味、適当になってしまうと、うまく成果が継続して上がらないことが
多かった経験があります。

とは言うものの、
運に恵まれ、結果だけにとらわれていても成果が上がるときもあります。
まじめに努力していても、(短期的には)必ず報われるわけでもないし、
ものすごく力を入れていたものが拍子抜けすることも当然あります。

しかし、たまたま運よく成果が上がったときは、運が良いようで
悪いと後で気づきます。自分でも経験がありますが
2回目、3回目もその偶然を期待し、努力を怠ってしまいます。
すると、必ず失敗が待っていました。

自分の話・経験以外でも

先日も
そこまで良い結果が出ずとも、コツコツ努力をする生徒は、
次への「やる気」も乱高下せずに安定した状態を保てることを
見ていて感じました。

努力すべきところは
時間をしっかり確保して、
なおかつ継続できる過程を作ることなのかなとも思います。
以前にも書きましたが、習慣に出来れば強いと思います。
一発逆転などないことを頭で知り、体で覚え、心に感じて
着実な成果を上げるために

結果が大切だと思えば思うほど、それ以上に過程を大切にしていきたい。

(後半は、少し自分のストーミングっぽく書いてしまいました。)

写真は、豊岡の円山川で見たコウノトリです。
c0203675_10403565.jpg


しもろく学舎にて
大木清人
[PR]
by simoroku | 2009-11-09 10:46

試練を乗り越えて歩め

中間テストの点数が、やっとのことで出揃いました。
7割強が、5教科合計点がアップしたようですが、
いつも伝えたいことは、この結果をどのように次につなげていくか
ということです。

全体的に上がった生徒が多い時ほど、
下がった生徒はショックでしょう。しかし、
上がった生徒にも、下がった生徒にも原因が必ずあります。

今回大きく結果を分けた結果は
インフルエンザで学年閉鎖になった1週間の間に、家庭学習が
少しでも出来て、テストのための取り組みを行えたかどうかだと感じています。

たくさん原因ありますが、一人ひとり違うこと、また、共通すること
いろいろ考えた上で、また、次に向かえるかどうかです。

数人の生徒と相談し、11月だけ補習に来てもらえるようにもなりしました。

昔、21才の時、ハウスメイトだった韓国人のタヘに、
「あなたは日本の未来でしょ!!もっと将来の目標ないの!!」
と言われ、ハッとした
あの頃を思い出しながら、まずは自分が目標を持って

僕よりも、もっと先の日本の未来を担う塾生たちと一緒に
目の前の試練に挑み、乗り越えて歩みたいと思います。

c0203675_1531154.jpg


しもろく学舎にて
大木清人
[PR]
by simoroku | 2009-11-06 15:33

忘れないポケット

昨日、とても寒い朝でしたが、早くから車を走らせ
福知山よりもっと自然の豊かなところへ出かけ、
雨の上がったデッキで、早すぎる冬の温度を肌に感じていました。
c0203675_1355343.jpg

c0203675_13551520.jpg

日中に脳の記憶について、新しいことを知ったので
またしても、ブログを活用しアウトプットします。

今まで、「海馬」「大脳皮質」のことは、授業中にも生徒に話したことがありますし
感覚記憶・短期記憶・長期記憶がどのように異なり
どのようなプロセス・仕組みによって、違いが出てくるのかを豆知識的にだけですが
知って普段の生活に取り入れることで、多少役立っていました。

今回は「大脳辺縁系(limbic system)」と、なんとも難しそうな名前なんですが、
c0203675_141159.jpg

この部分の機能には、感動さえ覚えました。
この部分の役割は、「忘れないポケット」という感じで
簡単に説明すると、
人は前にあったことや昔にあったことは忘れてしまうものです。
しかし、たとえ記憶喪失の人でも
偶然、その人と会ったら、
楽しかったことや昔好きだった人の名前(顔など)や何を話したかなども
この大脳辺縁系が、記憶しているので、少し柔らかな表情をするそうです。

つまり、脳のこの奥の部分では、特に情動に関する記憶があるのだそうです。
細かく名前や言葉を覚えていなくても
そのときの気持ちに成れるというようなことです。

一番純粋な記憶は、脳の一番奥の記憶のかくしポケットに入れられ
ここに入った記憶は最後まで忘れないという。

この機能を勉強に役立てることもできると思いました。

この大脳辺縁系は、特に嗅覚機能と強く関係があるので、
集中しやすいところを見つけられれば、そこに行くことで、そこにも
臭いがあるので嗅覚でも反応し、集中できたときのことを思い出し
その状態にもっていきやすくなるのではないでしょうか。

もっと言うと、僕なんかは暖かいお茶、ホットミルク、ホットコーヒーを
よく飲みながら勉強していたので、勉強の合間にわざと
飲むことによって必要な情報・集中力を作ることが容易になるかもしれません。
うれしいことや楽しいことの方が、比較的このポケットには入れられるそうなので
何よりもこの塾で学ぶこと事態が、うれしく、たのしい
大脳辺縁系に入れられる純粋な記憶になるように頑張りたいです。

休日にも、塾のことはやっぱり考えてしまうものです。

昨日いた場所の周りの山は白くなって、初雪でした。
c0203675_14415815.jpg

充電完了しましたので、また今日も指導に集中できます。

大脳辺縁系を意識してやってみます。?

しもろく学舎にて
大木清人
[PR]
by simoroku | 2009-11-04 14:45


しもろく学舎長ブログ


by simoroku

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ

ホームページ
地図
テミルの原則
講師募集
東北被災地支援

以前の記事

2016年 12月
2016年 04月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月

お気に入りブログ

POSITIVE ACT...
教学舎の学びの日々

リンク

その他のジャンル

最新の記事

2016年末 ご挨拶
at 2016-12-26 10:15
「やり方」ばかりに目をやって..
at 2016-04-23 09:35
引率留学の様子。
at 2015-08-10 21:50
関空到着!
at 2015-08-09 09:39
第3回 引率海外留学へ
at 2015-08-09 07:20

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

教育・学校
受験・勉強

画像一覧